第87回大会 委員長 宮 寿浩

第87回早慶対校競漕大会(通称:早慶レガッタ)の開催にあたり、ご挨拶申し上げます。

 明治38年(1905年)に第1回大会が隅田川向島で開催されて以来、早慶レガッタは87回を数える伝統のあるレガッタとなりました。この間には2度の中止と開催場所の変転はありましたが、隅田川に本格的な春の到来を告げる風物詩として定着してまいりました。

 これも偏に墨田区・台東区・中央区・江東区の皆様、警視庁、所轄警察署、東京消防庁、所轄消防署、関係諸官庁の各方面の皆様のご理解とご支援ご協力に深く感謝し心よりお礼申し上げます。

 昨年の第86回大会では近年稀に見る好天に恵まれ、早稲田、慶應とも素晴らしいレースを繰り広げてくれました。特に対校エイトでは3750mの距離を両校選手が最大限のパフォーマンスを発揮して漕ぎ切り、ゴール時の両校のタイム差が2秒以内と両校関係者のみならず観客の皆様も手に汗握るレースとなりました。両校選手は最新のトレーニング技術を取り入れながら約3か月に及ぶ厳しい練習に耐えて隅田川に戻ってきます。是非、春の隅田川の心地よい風をうけながら隅田川にお越しいただき早稲田・慶應の大学応援団と一緒になりまして熱い声援をお願い致します。

 早慶レガッタを運営する委員会は意欲的に活動しております両校OB・OGの皆様で構成されています。その運営委員会では数年前からお手持ちのスマートフォンでもレースの生放送を視聴できるようにしております。ご自宅や外出先でも迫力ある映像をご覧いただけますので是非ご活用ください。

 また早慶レガッタの公式グッズを販売しております。魅力的な商品を取り揃えておりますので早慶レガッタの応援のお供にまた記念にご購入をお願い致します。

 最後になりますが、本大会の趣旨をご理解頂き運営費用を支えるプログラム広告協賛を頂きました企業各社、東京都、地元町内会、当日レース運営にご配慮頂いております諸団体の皆様、本大会の準備・運営に労力を注いで頂きました両校役員並びに関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。